読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

My ORDER

鈍間な主婦の気儘で憂鬱で有頂天な日常

部位

いまマッサージしてほしい所ブログネタ:いまマッサージしてほしい所 参加中




ふくらはぎ。
是非ここをお願いしたい(本気)








{8402CF41-C8C5-424B-B0CF-A9C016275078:01}

夕暮れ時は曇り。






今日は

{1B917038-05C8-4D87-9FD1-9AE62D89EEA9:01}

そうだったかなぁ
ああでも、だからこそ、あの程度で済んだかもしれない。そんな事を振り返る木曜日の終わり。








今年は
長崎のとあるフェスにゆきます。
お独りさまフェス。大丈夫か私。

すーちゃんと一緒にね♪


{D0929BD0-4F5D-434F-83F2-6F9DD88DCB1A:01}




さて、ここから少し
感情剥き出しの独り言。不快になるかも。
でもここは私の場所だから、謝らないし、意見は要りません。悪しからず。








書く事は唯一の救済だと彼は言う。

書くという事は恐ろしい力を持っている、そこに彼は嵌ったと、ある人は言う。そして私は後者の意見に大きく頷いている。






救済とか自己肯定とか、甘いのではないのでしょうか
彼の行為は救われるべきでもその命を認める必要も私は無いと考えます。


私は、罪を憎んで、人も憎みます。
過ぎた行いは取り消せない。許しなんて請うべきではない。

酷い言い草かもしれませんが、私はそう考えます。
やり直しは、出来るけれど
過去は消せないはずです。





私は、書く事が好きだから
何となく、ぼんやり感じたことがあります。
彼は、書き続けるその間に、自分を勘違いしてしまったのではないかな
或いは、起こした事件を文章にする事で、自分と事件を切り離しちゃったんじゃないかな
書くという行為に嵌り過ぎて、その世界に陶酔したり。



意外と、書く、と言う行為には中毒性がある様に実感しています。
勘違いした事がある私は、その怖さをほんのり知っているつもり。



まず、あの言い方が嫌い。
元少年Aって何。
理由は自分でも上手く説明出来ないけど
あの文字を見た時、吐き気がした。






{CACD07CF-F9B5-451B-B991-5D02A1BD9428:01}

でも今日もオヤツ食べましたけどね。










では、皆さま
明日も楽しく、元気にお過ごしください。