My ORDER

鈍間な主婦の気儘で憂鬱で有頂天な日常

『奇談蒐集家』太田 忠司著/東京創元社

***






自ら体験した不可思議な話、求む。高額報酬進呈。ただし審査あり。—新聞の募集広告を目にして酒場を訪れた客は、奇談蒐集家を名乗る男と美貌の助手に、怪奇と謎に満ちた体験談を披露する。鏡に宿る美しい姫君との恋、運命を予見できる魔術師との出会い…。しかし、不可思議な謎は、助手によって見事なまでに解き明かされてしまう。安楽椅子探偵の推理が冴える、連作短編集。

自分の影に刺された男
古道具屋の姫君
不器用な魔術師
水色の魔人
冬薔薇の館
金眼銀眼邪眼
すべては奇談のために



***



初読みの作家さん
特に購入の意思のまま、手に取り、何故かレジへ。
自分でもどうしてそうなったか分からないのですが。出会いとはこんなものかも、です。

飾り気のない文章が、大変に心地良く。簡潔。
出も足りない訳ではなくて、表現されている以上の景色や想いがそこから感じ取ることも出来る。

奇談、として持ち込まれる彼らの話の謎を解き、そこに込められていた想いを紐解く
素敵な、物語でした。

存在自体が謎である事が、だんだんと明らかになってゆくのですよね
そこからは二重にも楽しめるのです!
偶然手に取っただけで、想いも寄らぬ世界を体験できた。嬉しかったです。
結局他にはどんな物語を描いておられるのか、未だ調べてはいないのですが
またどこかの本屋さんの書棚で見付けられそうな。そんな風に出会いたいような。
そんな気分にさせてくれる、物語でした。


奇談、怪談
そのようなものに興味のない読人さんでも、十分に楽しめます。と。
言いきれるほどに、面白かったです。是非。








スキーとスノボ、どっちが好き? ブログネタ:スキーとスノボ、どっちが好き? 参加中


スノボ、未体験。