My ORDER

鈍間な主婦の気儘で憂鬱で有頂天な日常

21st CENTURY ROCK BAND TOUR@DRUMLogos福岡

***

さて、感想など述べるとしましょうか

あの日あの時を冷静に振り返ってみる。

ちょっと思ったんですけど、この時代ってベース担当無し?

この方々の変遷を、と言いますか全ての事が勉強不足なんですが

二人でこの迫力って、すごい。

この時代から追いかけられてる人って良いなぁ。

すごく貴重な時間を共有している。羨ましい。

スペシャとかでぼんやりお見掛けはしていて、名前は、知っていた

ギターの音がすごくよく響くバンドさんで、僅かにスモーキィな印象を受けるボーカルさんだ、と思っていた。

はっきりと意識をしたのは

しゃむぺいんの川上君が、恐ろしいほどに名前を出していた

やはりすぺしゃで、偶然にも10周年の特番を観たのだ、がっつり視聴したその時

ACIDMANの大木君とお話をしていた

パソコンの画面見ながらのんびり優しい口調で話をしていた

あじかんのごとーくんが熱弁をしていた

聴かねば、と決意した。

聴きどころも一番のお気に入りも選べない優れた一枚

そりゃぁそうなんだよベストなんだからねって、そう簡単に言い流せない

だって初聴きの時、一曲目のイントロから動くタイミングを失って、ブックレット片手に固まりましたからねぃ。

ちょっと久しぶりの衝撃

感動と、そうしてかなりの悔しさがふつふつを湧き上がる胸中。

どうしてもっと早く、聴かなかったんだ!

元気出るんですよ、朝聴くと特に

ライブで聴いた、『Melodic Storm』の感動は、覚めずに今も記憶に残っている

ああ。また行きたい。今度は感動ばかりせずにしっかりと聴きたい。歌いたい。

余談ですが、私はお話しすることがお仕事なんですけども

実はそんなに喉が強くない。

結構日々気を遣っているんですね、お客様の耳を汚さないように、でも。

随分とライブではしゃいでしまったようで、その日の夜、自分の声を聴いて、明日どうしようかと焦った訳です。あははー。

そにちゃんが言ってた、ライブバンドさんって意味が身に沁みました。

そいでもって私は今、こんな音楽を一番自分が欲しがっている事も実感できた

帰りの爽快感たるや、バスの中でひとりご機嫌でしたからねー

その後1週間何が起こっても人にやさしく出来たし、踏ん張れた。

今も、あの瞬間を思い出して、またあの瞬間を待ちわびる事で、日々を送っている。

『ライブ』って、きっとこれなんだ

43年目にして、しっかりとした答えを貰った

そんな時間でした。

ビックリするほどに、自分たちの曲を勿体振らない。

あの次々と繰り出される演奏の潔さ、清々しさを皆は体験した方が良い。

唐突ですけどね、半額だからね、ゆのちゃみの。

どちらがどうというのは人それぞれの価値観の違いだろうから、敢えての言及は致しませぬが。

まぁ、あれね(どれよ)。ぷぷぷ。

まぁドレスコーズなんて税抜さんぜんえん・・・・・。

バンドマン、頑張れぃ。

今はとにかく、時系列に沿ってでも沿って無くてもでも何でも良いから

全部のレコードを追いかけようと画策中。がんばります。

楽しかった、それだけではない時間でした。カッコ良かった、そんな上辺だけのものでは失礼。

今までの自分たちの音楽をそれに基づく楽曲を信じている。確固たる芯が旋律に演奏に肉付けされているのです。

なんか、こう

敵わないなぁ。なんて、ふと思いました。

何が敵わないのか、よく分からないんですけれど

始まって暫くして一息ついたその瞬間。何だかそう思った。

音楽を聴くって言う行為は、きっと長い旅なのだ。終わりは無いのだ。

出会う度にときめきを抱いてばかりでは切りが無いけれど、でも、そこは終着駅ではないのだ。

帰り道、この日の演奏に感動しつつも

きっと今もって出会わずに居るけれども、私の為の音楽は旋律は

何処かで私を待ってくれているようにも、思えた。

ストレイテナー。10周年。

私はこれからの10年を、埋め合わせと共に、聴いてゆこう。しっかりと。

ああそうそう

あのベースくん凄いアグレッシブ。

あんなに動くベースマン。多分初めて観ました。ふふ。可愛かったです。

1日だけ体験してみたい職業 ブログネタ:1日だけ体験してみたい職業 参加中

テレオペを選ぶ前に実は、レコード店か書店で働きたいと真剣に面接申し込もうかと思っていた。

(今も、微かに憧れている)

でも一日なら、ライブハウスのスタッフさんになってみたい

後はね、映画館の映写室とか。