My ORDER

鈍間な主婦の気儘で憂鬱で有頂天な日常

いくつもいくつ ~『言の葉』・秦基博

***






梅雨入り







つゆ。



つゆだく。











つつ、





2U?







・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・すみません。











低くどよりと広がる
今日の良い事も明日の楽しみも流し尽くしてくれてしまいそうな雨


雨雨



負けじと顔を上げても
マスカラがぐにゃりと剥げ落ちちゃうのが関の山


自然には
移り変わる四季には、逆らわぬが懸命。



























ふ~らげっとん♪
本日発売日
勿論昨日のお仕事帰りにきっちり立ち寄るタワレコさん。


どんな曲が流れていても
例えばそれがあんな歌やそんな人たちの楽曲であっても

あの空間で流されていればふと耳を傾けてしまえる
信頼の魔法である

ふむむ
ありえないほどの睫毛の上向き方
黒めの大きな女子の笑顔に違和感を抱きつつも、ジャケットを手に取ってみたりして
誘われるワタシなのです


だからこその出会いがある
さて上半期も、もうすぐ終わりですなぁ。


今年2枚目の秦坊
ワタシが手に入れましたのはもう一枚のジャケットのCD
緑が
新緑の濃淡が素晴らしい色合いのジャケットさんでございました
この監督さんの作品って観たこと無いのですけれど
先日調べておりましたら、ひとつ、ずっと前に
観たいなと心に留まった作品がありました。
これも何かのご縁
やはり、今回のこの作品は、劇場で楽しんでみようかな。








楽曲の感想

1.「言の葉」

流れるイントロの心地良さに聴き惚れていると
すっと高温から入ってくるその歌声
例えば、昨日のよな我が地域の雨の日、胸に抱える憂鬱が
その歌声で胸の中から流され消えてしまう

そんな感覚になりました。



歌詞、最後のフレーズが好き
この人のこうやって
想いを確実に届けようとしない
自分が思っている事で満足しがちな
優しい独り善がりが、大好き。




2.「Rain」

楽しみにしていた、千里くんのカバー
ライナーノーツにも書いてありまして
そうそうそうだなとそこに激しく同感

千里くんで聴いた時の焦燥感、性急さが
秦坊の楽曲では削がれている
その代わりに、想いよりもそこから想像される雨の景色や匂いが
じっくりと聴いていて伝わってくる

物足りなさもありましたけれど
面白くもありました

そうして千里くんのコメントに、至極納得
最後の一言にも、然り。

だからワタシは千里くんが好きなのだなぁと思う
どんなに秦坊の声は好きでも
千里くんで聴きたいと思ってしまった
でもって今回こうやって千里くんを引き出してくれたから
千里くんの場所以外で千里くんの言葉に触れる事が出来て、今は
秦坊やこの映画に感謝している。

ジャズピアニスト、そう肩書に記されていた
ワタシの一番のピアノマンは、もう歌わないのかな。



















秦坊、こんどはKANちゃんと待ちあわせ、って
KANちゃんその出で立ちは一体・・・・

小顔効果、幾らなんでも狙い過ぎでしょう。


待ち人のフェイバリット、でしたけ?
今度の週末なんですよぅ
永澤君とオカモトズとー

はぁぁ

良いなぁトーキョー
日産スタジアムはもういいけれど
下北さんと神保町、亀の恩返しも羨ましかったなぁ~

まぁいいや。



KANちゃん、トークもなかなか冴えていて
読んでてやっぱり大爆笑
この人どうしてこんな変わんないんだろー
真面目にふざけた歌詞に泣けたり
切ないはずなのに可笑しかったり
なんかこう、アレはこの人しか出せない世界だと思う

被り物、準備おっけーらしいですよね
ワタシは記事を楽しみに待つことにいたします♪





お久しぶりの記事は
居てもたってもいられずやはり楽曲の感想記事から
先週末まで2週連続でライブに参戦しておりまして
そちらの記事も今週中には、自分なりの記録を残したいなと思っておりまする

まるで違うタイプのアーティストさん参戦しましたが
なかなか滅多にできない体験でした
でもやっぱ先に参戦したバンドさんの印象が強烈で
もうなんか、最初っから最後まで大号泣だったのです
色んなライブ生きて来て行きましたけれど、あんなに心を揺さぶられたのは、初めて。

歌がうまいなとか、曲が好きとか、トークが面白いとか
そんな事じゃなくてそれどころじゃなくて
必死に聴いていました、ホントにただそれだけ。
でもそれだけで居られたあの時間は、幸せだったのです。


一緒に行った女子は、何だか何かを掴んだようで
最近、面白いです、彼女。

バンドってすごい
本人たちもそれを分かってて背負おうとしてくれる
その姿勢に、感服いたしました。

支えるよと、だから頑張れと
ストレートにそう言って歌う人が居るなんて、知らなかった。
10代に、あの言葉は無敵だと思った、そう感じた夜でした。







では、皆様
お久しぶりがこんな、それこそ独り善がりな言葉を羅列した記事で申し訳ないです。
カビ、大丈夫ですか?

何かと湿気には油断めさるな!
我が家先日タケノコご飯が傷んでいて、半日立ち直れませんでした。