My ORDER

鈍間な主婦の気儘で憂鬱で有頂天な日常

読む言葉

***








昨日、発売日
勇んで本屋さんへゆけば


無いっ!


店員さんに聞こうか
迷ったものの、福岡だし、遅れるかも?
悩んだ挙句店を出た











image




ついったで呟くと、なんとご本人様より慰められ
そうだそうだやはり書店員さんへ聞こう!


何のことはない
昨日は無かった集英社文庫の棚に、今日はちゃんと陳列されていた


宮木あや子姫著
『太陽の庭』

『雨の塔』の続編(になるのかな)でございまする



宮木あや子さま
『花宵道中』以来読ませて頂いておりまするが

その賞を受賞されたからには、もちろん官能的ではあるのですが
何しろあの文章が素晴らしい


端正であり、耽美

清廉であり、淫靡



独特な世界観でございますのよ?

読後うっかりしますと、こんな言葉づかいにもなってしまいかねませぬ
とくに、この物語は、その最たる表現ではないのかなーと、感じます


単行本、読んでますけど
ちょっと内容違うって聞いたら、買わなきゃ落ち着かない。
しかもこの紹介帯
初版だけって聞いたから・・・・・

本気で慌てた!











image



アンソロジー本、忙しい時には便利
ダヴィンチさまからシリーズで出ているのをはっけーん

全種類参加作家さんを吟味して

あさのあつこさま、小路幸也さま、宮下奈都さま、吉川トリコさま、坂本司さまのお名前を見れば

これしかあるまいッッ
とゆ訳で、初めの一冊でありまする


うーん
楽しみだ

お隣の一冊は、この作家さん、初であろうと思われる時代物
しかも舞台は、かの遊郭のまち




・・・楽しみだ。

この作家さんて、引き出し多そう
面白そう。
言葉のリズムが読みやすいのですよね、ワタシには




さてさて
どんな順番で読もうかなー





るるん