My ORDER

鈍間な主婦の気儘で憂鬱で有頂天な日常

国語 ~あなたの言葉と、わたしの気持ち

***








この際どっちでも良いから




















代わって!






えー・・
誠に申し訳ございません
ちょっと
あれです

最近ですね、ゆのちゃみ一色の日々
それはきっとドラマだったり、バラエティもあって
おまけにライブちけ情報交換会だったり

マイページの記事更新
うっかりしているとゆのちゃみ画像だらけです
色んなお友達の記事、見落としがちです・・・・(寂)

負けないぞぅ!
ってそれはきっと、自分の注意力次第なのです
気を付けまする(猛省)



日々の生活、バレンタインも落ち着きまして
女子の学年末テストの結果もちらほら・・・・
知りたくないけれど知らされてしまう

親ってなんだか、因果な立場
ワタシの子どもなんだもん
どのくらいの学力かは分かっているんだよぅ!

えーん

で、ご報告
全教科纏めてでいいよって、一応打診したのですが
女子が何だか言いたそうだったので
恐々、聞いてみる事に、したら



「国語の95点のおかげでなんとか5教科400点クリア!」


えっ
そそそそ
そんなのって・・・・・

数理、に至っては、その国語と20点の開きが(泣)
うきうきの女子に、ワタシの子だからそれも有りであろうと思われる女子に
それでも親として物申す!


「とりあえずさ」
「お?」(まだご機嫌)
「全教科80点以上でもっての400点クリアを・・・・」
「何言ってるのかーちゃん!」

キリッと振り向くメガネ女子
毛先にくっ付いたみかんの皮の端っこが揺れる(夕食後のデザートfrom伯方島

無理無理!
すーがくとか何言っとるか分からんもん!


嗚呼
DNA、恐るべし。


まー
国語の答案はもう、見事な○
感じを数か所間違えていて、これに付いては本人も猛省

「漢字って、大人になってからの覚え直しって難しいからね」
取りあえず、大学時代に出会った残念過ぎる論文を作成した彼を思い出し、我が子に助言。

「誰かに自分の考えを伝えるために、君たちは国語を学ぶ」
でなければカレシやカノジョは出来ないぞと、年度当初に強化の先生に言われたそうな

想いを、伝える
言葉とはその最たる手段だと思うのです
だからやはり、国語、大事。
でも母は、ほかの教科も、腰を据えて・・・・・頑張ってほしいのですよぅ(願)




昨今は、そうやって言葉を使うツールが何かと注目を浴びている
ブログ
ツイッター
ライン
カカオトーク
フェイスブック
誰もが簡単に利用できて、誰とも簡単に繋がる事が出来る
例外なくワタシも、そのどれもにおいてちゃーんとアカウントを持っているのです
ふぇすぶくに至っては、もちろん本名
先日、同級生と後輩に見つかりました・・・


その場に於いて、自分の発信する言葉が
誰かの想いの反論となり、中傷ともなり、不快な思いをさせるどころか、傷つける事だってある
気を付けなければいけませんね
細心の注意を払って、ご利用なさる事をお勧めいたします
回し者では、ありませぬが

しかしながら逆に、ワタシはこうも思うのです

自分が利用しているその場所に於いて
自分と真逆の意見を持つ人もあり、その言葉を目にし、不快な思いをするどころか
深く傷つく事もあるのだと

解った上で、利用するべきではないでしょうか。
否、そう踏まえて利用するべきだと思うのです。

そのようにお互いがそれなりの覚悟を持ち利用すれば
発信される言葉にも動揺しないと思いますし、ある程度聞き流せるのでは、無いでしょうか。

分かり合えない人だと思えば
わざわざ反論せずとも関わらなければ良いのだし
そうすることによって無用の不毛な遣り取りも、かなりの数減るのではないかと、考えるのです。



その人の言葉は、その人の想いを映すもの
想いが異なればその言葉は不快でしかない
しかし不快だからと言ってわざわざ不快であることを告げずとも良いと思うのです
わざわざ告げる必要があるとは、ワタシは思わないし、不快の連鎖を、生むだけです。

どんなに深くお付き合いしている相手でも
全ての想いを共有できるとは限らない
全ての想いを同じ言葉で表現しあうなんて不可能です

夫婦だって
親子だって
兄弟姉妹だってそれは難しいのだから
通信回線と言う頼りない繋がりの下での関係なら、それは尚更です


分かりあいたいのなら
厭な思いをしても繰り返し言葉の応酬をすればよいのだろうし
通信回線上のお付き合いにそこまでを求めていないのであれば
そっと
そっとりむーぶとか、ぶろっく・・・・・ありますよね?

そんな簡単なものでいいと思うのですよね
所詮は実態の見えない相手なのですから



そうしてこれはワタシの意見で
ワタシは真逆の意見を持つどなたかにこれを伝えたい訳ではなく
ブロ友さんの記事を見て
彼女がしきりにただ反省している様子に
それは違う!
と思ったからここに想う事を書いただけなのです

あなたの言葉は、あなただけのものです
それはほかの誰かに邪魔されるべきものではないし
誰かの意志によって曲げられるべきものではないのです

可愛く、分かり易く、正直な想いを乗せる言葉は
これまでだって沢山の人の心を和らげてきたはずです

だから、無理かもしれませんが
反省なんてしないで
自分の言葉に、自信を持ってください!

ワタシには表現できないその可愛らしさと緩やかさは
あなただけの表現だけが持つ、特性であるのです

とは言うものの
優しお方なので、悩まれるのでしょうなー・・・・
そこがまた、あなたの、あなたらしさであるのでしょうね(好)





以上。





この通信回線の荒波の中
本日この瞬間も
誰かの想いを乗せた言葉が繋がれて発信されている
それは膨大な量
その中で偶然目にする誰かの表現は、きっと奇跡の出会い
嬉しい偶然もあれば
その後暫くは憂鬱な感情に苛まれる
そんな言葉にも出会うでしょう
でもそんなものなのです
ただ気持ちが良いだけの日常なんてありえない
良い事も厭な事もすべて自分の足元に存在しその心を混ぜっ返しているのです

その中で、如何に自分らしい毎日を作り上げてゆくのか
それは自分次第であるのです

実感として、述べさせて頂きますれば
リアルの癒しとしてのネット生活って
そんなに簡単には手に入らないと思うのですよねぃ
リアルでも異次元でも
思い通りの暮らしを手に入れるにはそれ相応の努力と根気が必要
ついったも、そう思いながら覗いておりまする



かく言うワタシの頃ブログでございまするが
恥ずかしながらやはり一度、居たたまれずに逃げてきた経験があるのです

初代ぴぐで参加していたこみゅの方針が
次第に苦痛になってきまして
自分の中で自由にブログの記事が書けなくなってしまったのです
こみゅだけを辞めればよかったのでしょうが
気持ちの上で全てをなかったことにしたくなってしまいまして
ブログは削除してしまいました

今、このブログには2007年のヤフブロから外すこと無くすべての記事を掲載しておりまするが
あの頃の記事だけは、保存していないのです
保存、できませんでした。



誰かに不快な思いをさせても
誰かを傷つける事になっても
記したい想いは確かに自分の中に在る
ならば、それならば
たとえ万人に公開される展開であっても
ワタシは思うのままを書き散らかしてゆきます

誰にも邪魔はされたくないし
誰かが傷ついたって知らない

でも
良いのではないかなーと、本気で思ってます。




でもってこの考え、変える気など毛頭なく
よくここまで続いてるなーと
いつかなんかどかんとやってくるかなーと
心構えだけは怠らぬよう・・・・・ぷぷ



想うところを書き過ぎましたが
ここまでを読んでくだすった方、本当にありがとうございまする

読んだ上でなんだか反論したくなった方
どうぞコメント欄にご入力を
内容によってはワタシが削除しちゃうかも
そうなったらごめんなさいです

だってでもね
ここワタシのブログなんだもーーーーん






邪魔、しないでね