My ORDER

鈍間な主婦の気儘で憂鬱で有頂天な日常

秦 基博、2013年度注目のCMソングに決定

***



発売日前の、嬉しいお知らせ★






ヨコハマタイヤ「BluEarth」(ブルーアース)2013年新CMソングに、今週1月30日に発売となる秦 基博のニュー・アルバム「Signed POP」に収録されている新曲「Girl」が起用される事が明らかになった。
 
Def Tech、MEGARYUMONKEY MAJIK、lecca、Rake、と立て続けにブレイクに導いたヨコハマタイヤCMソング。
音楽業界ではヒット神話となっているCMだ。
2012年度は絢香が起用されたことで話題となった同CM。2013年度の担当アーティストに注目が集まる中、今回秦 基博が発表となった。
 
秦 基博を起用した横浜ゴム(株)は「さわやかで親近感を抱かせる歌声や曲調、歌詞が青い地球と人を想う「BluEarth」(ブルーアース)のブランドイメージにマッチしている。」と起用の理由を明かした。 
 
<秦 基博コメント>
今回『Signed POP』というアルバムを制作するにあたり、サウンド面ではカラフルでポップなものを、詞の世界観では秦 基博という一個人の内面を掘り下げた先の誰もが共感しうる人間臭さのようなものを描きたいと思いました。
その中でも「Girl」は"自分よりも弱い存在を全力で守りたい"という意志と、「ふわり 羽根のよう」というサビ頭のフレーズに象徴される軽やかさや明るさを表現した、『Signed POP』の中でもとびきりポップなナンバーです。CM映像をみせていただいたときに、絵と音のマッチングが素晴らしく、躍動感のある仕上がりに感動しました。この曲に込めたメッセージも含めて多くの方に届いたらと願っています。
 
新テレビCM は前作のテーマである「青い地球のための低燃費タイヤBluEarth」を踏襲した、「青い地球を走り続けるために」のメッセージとともに「BluEarth」の優れた低燃費性能とオレンジオイル配合効果が生む高いグリップ力による安全性能を訴求。また、地球の美しさや人、社会へのやさしさを感じる映像と合わせて「BluEarth」に込めた「青い地球と人を守る」という想いを強く表現している。
 
ヨコハマタイヤ「BluEarth」の新テレビCM は、2013年2 月1 日から全国で放映される。
 
同楽曲が収録される『Signed POP』(1月30日発売)は、約2年3ケ月ぶりとなる作品で、先行シングル「初恋」「グッバイ・アイザック」(~読売テレビ日本テレビ系全国ネットTVアニメ『宇宙兄弟』エンディングテーマ~)他、全13曲を収録。じっくりと時間をかけて制作された、歌の表現力・詞世界・ソングライティング 全てにおいて大きく進化と深化を遂げた、通算4作目のオリジナル・アルバムとなる。
 
またリリース日の同日30日に、日本武道館で開催する「みんなの夢AWARD3」にゲスト出演する。
2010年に始まった『みんなの夢AWARD』は夢をたくさんの人に話して、知ってもらいたい、そんな夢エントリー者による「夢プレゼン」だ。ミュージシャンになるという夢を叶えた秦 基博が「みんなの夢AWARD3」の特別ゲストとして、夢を持つ人々の応援に駆けつけライブにて披露する。
 
他にも、アルバム『Signed POP』発売を記念し、2月3日(日)タワーレコード渋谷店B1『CUTUP STUDIO』にてトーク&ミニ・ライブ、銀座山野楽器 本店にてスペシャル・トーク・イベントを実施、更には2月20日からは全国29会場31公演の約4ヶ月間に渡る、自身最大規模の待望の全国ツアー『HATA MOTOHIRO “Signed POP” TOUR 2013』も発表となっている。
 
2013年精力的な活動から今後の活躍に期待が高まる。







そうか~
耳にも留まる歌声ですが
映像の邪魔にもならなさそうだしww

良かったのぅ

沢山の人に聴いてもらえればいいな

この声、誰って
ふと思って貰えると良いなぁ♪