My ORDER

鈍間な主婦の気儘で憂鬱で有頂天な日常

本屋さんが、選ぶ大賞。

「2013年本屋大賞」、ノミネート11作品発表

 

全国の書店員が“今いちばん売りたい本”を決める「2013年本屋大賞」のノミネート作品が21日、発表された。選出されたのは、同大賞3年連続のノミネートとなった百田尚樹氏の『海賊とよばれた男』(講談社)、第148回直木賞候補作となった西加奈子氏の『ふくわらい』(朝日新聞出版)、2010年に『天地明察』で同大賞を受賞した冲方丁の『光圀伝』(角川書店)など全11作品。

 同賞は“出版不況”や“読書離れ”に危機感を覚えた書店員有志により創設されたもので、書店員の投票だけで選ばれる点が特徴。10回目となる今年は、11年12月1日~12年11月30日に刊行された“日本のオリジナル小説”を対象に実施しており、全国463書店598人が投票。今年は10位が総得点タイとなり、上位11作品のノミネートとなった。

 過去の受賞・ノミネート作の多くは、映画化やドラマ化されるなど話題になっており、昨年だけでも、大賞を受賞した三浦しをん原作の『舟を編む』が映画化(4月13日公開)、『ビブリア古書堂の事件手帖』が現在月9ドラマ(フジテレビ系)として放送されている。

 今回ノミネートされた作品は以下の通り。2次投票は本日から2月28日まで実施され、大賞は4月9日に発表される。



2013年本屋大賞ノミネート作(五十音順)

海賊とよばれた男百田尚樹講談社
『きみはいい子』中脇初枝ポプラ社
屍者の帝国伊藤計劃円城塔河出書房新社
晴天の迷いクジラ窪美澄(新潮社)
『世界から猫が消えたなら』川村元気(マガジンハウス)
『ソロモンの偽証』宮部みゆき(新潮社)
『百年法』山田宗樹角川書店
『ふくわらい』西加奈子朝日新聞出版)
『光圀伝』冲方丁角川書店
『楽園のカンヴァス』原田マハ(新潮社)
『64』横山秀夫文藝春秋







とある書店員さんのついったより画像お借りしました☆
上下巻や何篇にも分かれていたりで、こうなるらしいですww


ワタシは

『きみはいい子』中脇初枝ポプラ社
晴天の迷いクジラ窪美澄(新潮社)
『ソロモンの偽証』宮部みゆき(新潮社)
『ふくわらい』西加奈子朝日新聞出版)

を持っておりまして
只今『くじら』に取り組みちゅ


『きみはいい子』は噂もありますので
出来れば晴れた日の体調の良い、外出しない日に
おやつを買いこんで


思いっきり泣きながら読もうと思いますッッ!


ちょっとドキドキです
存在を知ってから割と早めに買ったのですが
ついったで色々見かけるにつけ

ちょっと、躊躇いww

今度こそ読もう
研修が始まるまでに、読みたい本を数えたら
一日一冊では間に合わなかった、ので

しばらく本は買いません!




絶対買いません!
(宣誓)




この大賞の時期になるとやはーり
本屋さんで働きたくなるなー❤

自分ならだれっ
とかいろいろ考えて、でも決められなくて

勝手に苦悩する時間が好きぃ♪






■□■□■□■□■□










おまけ、と申しては失礼かもしれませんが
いよいよ発売となりましたね!

しかも品切れ続出とかで!

注目の、ひらがな横書きな当作品




内容はともかく(だって難しい)
読むのが楽しい!!!!

あのですね
要するに、速読できないわけです

しっかり、じっくり言葉を区切って意味を繋げてゆかないと理解できない
しかも、理解しようにも時間が掛かる



ある意味、謎解き!



ちなみにワタシは音読してみました、そうしますとですね
意外にも言葉がリズミカルに繋がっているような気がして


なかなか面白いです☆


こちらで一部立ち読みできますので
ご興味のある方は試しに目を通されてみてくださいなっっ


書籍は表題作以外は縦書きらしく
本はリバーシブル仕様なのだそうです!

何かと話題な本作
でもワタシはきっと、買わない。


『abさんご』黒田夏子著←ポチっとどうぞ☆