My ORDER

鈍間な主婦の気儘で憂鬱で有頂天な日常

「やさしい死神」・大倉 崇裕







「やさしい死神」・大倉 崇裕

イメージ 1


本書には、死神にやられたとのメッセージに首をひねる表題作を皮切りに、物足りない芸ゆえに先行きを危ぶまれていた噺家二人が急に上達する「無口な噺家」、元名物編集長の安楽椅子探偵譚「幻の婚礼」、携帯事件に始まり牧&緑コンビ定番の張り込みで決する「へそを曲げた噺家」、『幻の女』ばりに翻弄される緑の単独探偵行「紙切り騒動」、バラエティに富んだ五編を収める。デビュー作品集『三人目の幽霊』、初長編となった『七度狐』に続く、好評落語シリーズ第三弾。 




 うふふ。

 落語シリーズです♪

 大好きですvv 何が好きかって・・・ たぶん。全編に広がるあの雰囲気なんですけど♪

 今回は短編でしたぁ~vv(何でも良い)





やさしい死神


 こういうことってきっとあると思う。

 調子に乗りすぎたり。意地を張りすぎたり。



 そして。

 年をとって弱気になってしまうことも。きっとある。



 最後。もう駄目でしたぁ。な、泣きが入っちゃって~><

 だって待ってるもん、きっと。

 ずっと座って。玄関が開いて。



 師匠が出てきて入れてくれるって。  信じて待ってるもん。





無口な噺家


 「頑張る」はその人によってきっと違う。



 聞いている人によくわかるように話す。心に残るように聞かせる・・・・

 「話す」にも、色々ある。



 文喬師匠。スゴイ。

 土壇場になって引き出される才能・・・  引き出す力。   天晴☆





幻の婚礼


 目が合ったそのあとを 知らなくてもいいけど。

 どうか過去が二人の邪魔をしないようにと、願ってしまった。

 あの短いスト―リで号泣してしまう私って    なんて単純@@





へそを曲げた噺家


 粋!!

 気持ちの良いお話でした♪



 そっか~vv  何事も体験する事が大切・・・・   でも。

 

 宝くじはそんなに簡単には当たらないと思う!!





紙切り騒動


 だから師弟なんだろうなって思いました。

 あったか~く。気持がやさしくなれるラストの物語。  素敵でした。





 全てのお話のどの部分もワタシのツボで♪

 その滑稽さも。切なさも。



 いいな~vvみどりちゃん(いつもこの一言で終わってない?)