My ORDER

鈍間な主婦の気儘で憂鬱で有頂天な日常

「おそろし 三島屋変調百物語事始」・宮部みゆき







「おそろし 三島屋変調百物語事始」・宮部みゆき



17歳のおちかは、実家で起きたある事件をきっかけに、ぴたりと他人に心を閉ざしてしまった。ふさぎ込む日々を、江戸で三島屋という店を構える叔父夫婦のもとに身を寄せ、慣れないながら黙々と働くことでやり過ごしている。そんなある日、叔父・伊兵衛はおちかを呼ぶと、これから訪ねてくるという客の対応を任せて出かけてしまう。おそるおそる客と会ったおちかは、次第にその話に引き込まれていく。いつしか次々に訪れる人々の話は、おちかの心を少しずつ溶かし始めて…哀切にして不可思議。宮部みゆきの「百物語」、ここに始まる。  




 もう結構前に読んじゃってて^^; ところどころ印象に残っている記憶をたどりつつ・・・・

 切なくて優しいお話だったような気がします。



 ただ、「お屋敷」はこわかったです~@@

 何だかんだ言っても基本「オカルト」っぽいのって苦手で^^; ゾワッてしたぁ><

 ・・・・・頑張ってその部分は読みましたけど♪



 

 読み終わって気持ちの中に残った感想は、なんて言うのか。

 何気に誰かに言っているその一言から、相手がどんな感情を育ててゆくのかは、自分ではわからない。

 その相手が生み出した感情が、どのような事態を招くかなんて。

 そこまで考えようと気を配ってみたところで

 でも立場が違えば、想いを寄せることはやはり難しい。



 すごーく深かった。ワタシには。

 好きな「時代小説」vv と思って読んだけど・・・・・  深かった。




 おちかは松の助のことが好きだったんでしょうか。

 でも良助への想いは??



 最後は、分からなくなった。





 恐ろしいのはきっと・・・  人の心?