My ORDER

鈍間な主婦の気儘で憂鬱で有頂天な日常

読人日誌

7月8日

朝はまだ、お目見えせず。 しかしながら毎朝その雰囲気に背筋を伸ばし 横を通りすぎている。 キュウリはほんの少し、厭われる。 季節柄おきゅうとの喉越しに、暑さが開放されるのです。 来週は追い山。 夏といえば、100冊だったり。 積読本まだ沢山なのに、…

読物まとめ _12.2015

初日の出 見たかった訳ではありませんが カーテン越しに感じる陽射し、と共に目覚める元旦って。 少し勿体無い気がしました。 昨日、一昨日となんだかなぁという空模様でございましたので 嬉しいなぁ 新年が明けた事もですが、晴れた事が嬉しい。 年明けとと…

微妙なところ。

ブログネタ:ピース又吉の小説読みたい? 参加中どうかなぁという感想を聞きましてでもその方と私とでは、読む本の好みや、同じ本での感じ方が違うのでやっぱり興味はあるかなと思いつつも他に読みたくても未読の本があるので、本当に読むかどうかは分からな…

2014年2月のまとめ From読書メーター

*** 2014年2月の読書メーター 読んだ本の数:7冊 読んだページ数:2108ページ ナイス数:25ナイス 鬼やらい〈下〉 (ポプラ文庫ピュアフル)の感想 ちゃんと言えるじゃないか―!よしよし、と、何故かこちらが手に汗握る兄妹の同居への道。ふぅ。でもそうや…

2014.2月のまとめ

*** 2014年1月の読書メーター 読んだ本の数:6冊 読んだページ数:1984ページ ナイス数:14ナイス うわん: 七つまでは神のうち (光文社文庫)の感想 偶然見つけての購入。勝気に必死に家族を守る姿が、きっと小さな身体で頑張っているのでしょうが頼もしく…

風物詩 ~スイカ、甲子園、素麺、それから

***てっとり早く身体に張り付く熱気から逃げるならこれ、と思うのですナツイチ発見!角川文庫あなたの一行に出会おう。新潮文庫の100冊。毎年夏には必ず新しい作家さんや物語との出会いがあるから好き夏は大好き。それぞれの小冊子友と出掛けた女子が入手…

贈呈式

***層々たるお顔ぶれが、集合なのだろうなぁ第148回芥川賞と直木賞の贈呈式が22日、東京で行われ、史上最高齢で芥川賞を受賞した黒田夏子さんら、受賞者3人が今後の抱負を語りました。芥川賞と直木賞の贈呈式には、作家や出版関係者らおよそ140…

読む言葉

***昨日、発売日勇んで本屋さんへゆけば無いっ!店員さんに聞こうか迷ったものの、福岡だし、遅れるかも?悩んだ挙句店を出たついったで呟くと、なんとご本人様より慰められそうだそうだやはり書店員さんへ聞こう!何のことはない昨日は無かった集英社文…

本屋さんが、選ぶ大賞。

「2013年本屋大賞」、ノミネート11作品発表 全国の書店員が“今いちばん売りたい本”を決める「2013年本屋大賞」のノミネート作品が21日、発表された。選出されたのは、同大賞3年連続のノミネートとなった百田尚樹氏の『海賊とよばれた男』(講談社)、第148回…

第148回芥川賞は史上最高齢で黒田夏子氏 直木賞は朝井リョウ氏と安部龍太郎氏の2作

***にこどうさんでライブ放送もあっていたとゆーのに!こんな日に育成会の役員決めが19:30から・・・・・・帰ってきたらもう21時!きぃぃぃぃぃぃてことで、決まってましたね~ 日本文学振興会は17日、『第148回芥川賞・直木賞(平成24年度下半期)』の選…

第148回芥川龍之介賞候補作品・第148回直木三十五賞候補作品

***なんとか、晴れ間がやってきたあぁひと安心 今日は女子の部活が終わるのを待って、お買いもの竹刀なんですよ!4月に購入した竹刀が一年も経たないうちにダメになってしまうとゆう悲劇wしかも、一年生と言うか大体みんなそんな感じのサイクルで買い替…